考えるのは好きだけど考えても答えが出ないものは考えないんだぜ【day18】

モーニングメソッド・ルーティン

【2021/07/01】やったこと

  • 瞑想(5分)
  • 0秒思考(2分)
  • ブログ(20分)
  • 書類作成(20分)

今日は印鑑を忘れました。が、相変わらず最高の1日にしましょう。

ラベリングはネガティブな時には使わないようにしたいものです。例えば

今日は最悪だ!

などです。

最悪ではなかったとしても、これを言うことで本当に最悪になります。

なので、よくない出来事があっても、それは既に過去のものだと切り離して現在の自分を見つめ直し、最高の1日にするよう努めるのが最善です。

考えるのが好きなのは良いけど、どうせ答えが出ないものは考えない

私の友人には、何についても考えようとする人がいます。

彼女は論理的に全ての物事に対して答えようとしているのですが、聞いていると大抵、論理が崩壊しています。1人で考えているので仕方ないとは思います。

しかも彼女の場合、書き起こすでも、マインドマップを作るでもなく、ただ頭で考えているだけです。これでは、誰かに何かを突っ込まれた時に論理が崩壊するのも当然の結果です。

あと一点、考えても仕方ないことを考えているのです。

例えば、結婚と恋愛の違いは何か、とか。

女性と男性の違いは何か、とか。

考えても仕方ないこととは言いません。別の言い方をすれば、あなたじゃない専門家が考えており、あなたが考える必要がないこと、です。

性の違いは生物学者なり、脳科学者なりがすでに研究しているところであり、結婚と恋愛の違いについても風俗研究、歴史研究、その他もろもろの学者が研究しているところです。

我々のようなその道の素人は、彼らの論文ないし、簡易化された文庫を読めばいいのです。

私たちは答えを出す必要があり、かつ答えを出せる問題にのみ頭を使うべき

イシューからはじめよという本の中で同じことが言われています。あとは利根川進さんの名言です。

一人の科学者の一生の研究時間なんてごく限られている。研究テーマなんてごまんとある。

ちょっと面白いなという程度でテーマを選んでたら、

本当に大切なことをやるひまがないうちに一生が終ってしまうんですよ。

だから、自分はこれが本当に重要なことだと思う、

これなら一生続けても悔いはないと思うことが見つかるまで、

研究をはじめるなといってるんです。

科学者にとって一番大切なのは、何をやるかです。

利根川進

私が何をいう必要もないくらいまでに洗練された文章です。感動です。

さすがノーベル賞を取れるような人は、思考の起点がそもそも凡人とは違っています。私もこの考え方を見習いたいものです。

私が考える必要のないことは考えない。