【リスクを取れば解決】起業したいけどスキルがない、どうすればいい?

茨城で働く社長のBLOG
この記事の内容
  • 起業したいならリスクを取れ
  • スキルはそもそも相対的
  • 起業するなら身につけておきたいスキル

今回は「起業したいけどスキルがない、どうしよう」と考えている方に向けた記事になります。この記事を参考にしてみてください。

基本的に世の中は、8対2です。

この記事を読んでも「そうだけどさ」と自分自身に言い訳をするのが8割。とりあえず行動するのが2割。

起業したいけどスキルがない方にとっての最初の障壁は、「登記できるかできないか」です。

起業の仕方 »5,000円で定款完成!合同会社は自分で作れる【設立の手順紹介】

スキルがないなら誰よりもリスクを取れる人間になれ

「起業したいけどスキルがない」と悩む方の解決方法は簡単です。

それは誰よりもリスクを取れる人間になればいいということです。もっと具体的に言えば、多額の借金をすればいいいんです。

理由は簡単で、

  • 起業したいけどスキルがない人
  • 起業したいと思ってないけどスキルがある人

圧倒的に後者の方が世の中には多いですよね。多くの人がリスクを嫌います。日本人にとって借金というのは人生で避けるべき重大なリスクです。という先入観を持っている人が非常に多いです。

或いは、起業したいしスキルもあるけど一歩踏み出せない人もかなり多くいるはずです。

そんな世の中を見た時に、リスクをリスクとも思わずに躊躇なく多額の借金が出来て、人件費を払うことが出来たら、作りたいものは作れます。し、成功するかはさておき、会社としてちゃんと機能するはずです。

なので「起業したいけどスキルがない」と悩んでいる暇があったら、金を集めるのが一番早い方法です。

融資を受けて人を雇えば、スキルがなくてもなんでも出来ます。

そもそも「スキル」は相対的なのでない人はいない

仮に借金する勇気もなくスキルもない。でも起業したかったとしましょう。そういう人はもう諦めるしかないのか。

そんなことはないです。

例えば自分ではスキルがないと思っているけど、別のマーケットに参入すれば神と崇められるマーケットは確実に存在しています。

言語などはその最たる例

例えば職場の人が全員TOEIC900超えだったとしたら、自分がTOEIC850持っていたとしてもスキルがないと思えます。

しかし街に出てTOEIC850ですと言うと、意外にも「すご!」と言われることが多いです。し、一般的に見て、TOEIC850はすごい部類です。

プログラミングやIT技術もその部類

例えば僕は大学生の頃にプログラミングを勉強していました。

今は長らくやっていないのでコードを組めと言われたら本を読みながらでないと何も作れません。WEB制作会社に入社したら初日で「使えない認定」を受けると思います。

ところが僕が今のスキルのまま老人ホームや介護施設に就職したとしましょう。

おそらくですが、その職場では僕は「マークザッカーバーグ」並の称賛と尊敬を集めるはずです。

何が言いたいのかと言うと、スキルというのは相対的なものだということです。

誰よりは出来る、誰よりは出来ない。なので今、スキルがないと思っていても、実はその社会に出ると、「すごい」と言われることっていくらでもあります。

営業を人よりも10社多く回れるというのも、営業スキルがあると言えるんです。

あとはそのスキルを欲しがる人がいるのか、どこにいるのか?という部分です。ここはマーケティングのセンスが問われるところです。結局、経営で一番難しいのはこのマーケティングの部分です。

そういった意味では、マーケティングセンスに絶対の自信があれば融資を受けて人を雇えばいいという発想にもなりますよね。

起業するなら身につけておきたいスキル

  • プログラミング
  • 会計
  • 英語
  • 仮説力

この中でもっとも重要なのが「仮説力」です。イシューからはじめよという本があるので、絶対に読んでください。起業する人は全員読むべき名著です。

マーケティングが難しい部分とは言いましたが、この仮説力が身につけば誰も切り込んだことのない角度からあらゆるビジネスモデルを構想することができます。

これはともするとプログラミングや英語なんかよりも重大なスキルで、経営者になるなら絶対に身につけなければいけないスキルです。これを身につけるためにはまず本を読み、理解できるまで反芻し、トライアンドエラーを繰り返すしかないです。

一番おすすめなのが、SNSマーケティングです。無料で始められて、マーケットがすでに完成していて、ユーザーもいる。ここにどんな角度からイシューを投げ込めばバズるのか、を仮説をたてながら繰り返していく。それだけでも仮説力は鍛えることができると思います。

スキルなんか今から始めてプロに勝てるのか?

ぶっちゃけ今プログラミングを始めて、小学生の頃からやっている人より出来るようになるかって、それは不可能ですよね。

じゃあどうすればいいのか。

コミュニケーションに困らない程度の知識を身につけて、構造を理解して、売上を出す能力を磨くことにコミットするしかないです。多くの場合、スキルがあるけど金を稼ぐ能力がない人の方が多いです。

金を稼ぐ能力は後天的にも、今からでも身に付くはずです。

スキルがないなら、まず仮説力を磨け

人気記事 »5,000円で定款完成!合同会社は自分で作れる【設立の手順紹介】

人気記事 »起業の相談は間違ってもサラリーマンにはするな【結論:自分に聞け!】