【TRUECAPSULE2のレビュー】ペアリングもスムーズでコスパ最高のワイヤレスイヤホン

LIFE HACK

Amazon公式 »【「VGP 2021」入賞】 SOUNDPEATS TrueCapsule2 ワイヤレスイヤホン ¥3,703

今回はビジュアルオーディオアワード「VGP 2021」で入賞を果たした低価格ワイヤレスイヤホン、サウンドピーツのTrueCapsule2のレビューをしていきます。

まず結論から申しますと、「お、値段以上。」「コスパ最高」「1万円以下なら多分No.1の音質」という感じでございます。ぶっちゃけ、3,703円(Amazonプライス)でこのクオリティのワイヤレスイヤホンはこれだけなんじゃないかと思っています。

Amazon公式»https://amzn.to/2HEW5IK

こんな人に読んでほしい
  • 1万円以下で高品質なワイヤレスイヤホンを探している
  • 新しいものに弱い
  • 音楽が好きなので音にこだわりたい
  • SONYなどのハイブランドには手が出ない

では詳しく見ていきましょう。

TRUECAPSULE2はペアリングがスムーズで接続のストレス皆無

まずTRUECAPSULE2でイチバン感心したのがペアリングのスムーズさです。

上の画像では充電器で有名なAnker社が出している「Soundcore Liberty Air2」というワイヤレスイヤホンも使っているのが分かるかと思いますが、この接続のスムーズさには雲泥の差があります。

ちなみに、Liberty Air2の価格は¥7,990(Amazonプライス)で、TRUECAPSULE2の約2倍のお値段です。

初期ペアリングにかかった時間でいえばSONYのイヤホンより少なかった

僕はこれらの他にSONYのワイヤレスイヤホン「WI-SP600N」という少し高めのイヤホンを使っていますが、初期ペアリングのスムーズさではTRUECAPSULE2の方が優秀でした。

本当にペアリングのストレスは0です。

PCとスマホのペアリング切り替えも異常なまでにスムーズで驚きを隠せない

さっきからペアリングペアリングとそれしか言ってないのでそれしか良いところがないんじゃないかと思っている方もいるかもしれません。が、音質、操作性ともに1万円以下のワイヤレスイヤホンの中ではトップクラスだと断言出来ます。

ただそれ以上に、本当にペアリングのストレス0を僕は推したい。だって本当に感動したから。

最初、パソコンでペアリングしたんです。

で、パソコンでペアリングを解除。するとTRUECAPSULE2は自動的にペアリングモードになります。

そしてiPhoneのBluetooth設定画面でTRUECAPSULE2をタップすると0コンマ何秒の世界で接続。

本当に感動します。これは使わないと分からない。

逆に使えばわかるめっちゃいいやつやん!です。

音質はLiberty Air2を圧倒的に凌駕【SONYにも引けを取らない高音質】

左:Liberty Air2
右:TRUECAPSULE2

僕はこのブログでもしばしば音楽に関する記事を書いています。

音楽鑑賞は僕にとって大切な趣味の1つです。ですから、音質にはかなりこだわりたい。

SONY WI-SP600Nはまず有無を言わさず高品質です。初めてこれでMr.Childrenを聴いた時は本当に感動しました。それまではオーディオテクニカやAppleのイヤホンを使っていたのですが、本当にイヤホンでここまで変わるとは、と。

ただ1万円以下のワイヤレスイヤホンに絞った場合、Liberty Air2とTRUECAPSULE2が人気かと思いますのでこれらの音質比較について詳しく書いていきます。

Liberty Air2は低音に弱く、全てのサウンドが軽くなる

Anker社公式より

ちなみに、Liberty Air2はスマホアプリで連動して自分で音をミックスすることが出来ます。これはDJやミキサーを使ったことのある人にとっては便利な機能かもしれません。

しかし初心者にとっては少し敷居が高いです。

デフォルトで使っている限り、低音がかなり弱いです。

あと音の核がかなりブレています。

つまりなんか常に「ぼやっとした音」です。

洋POPが好きな人には良いのかも

ただLiberty Air2って、洋楽ポップスが好きな人には意外と良いのかもしれません。とりあえずノリが良い曲を聴きたい人にとっては、或いは、音楽をBGM感覚で流している人。

音楽を味わい楽しむという方には向いてないです。

TRUECAPSULE2は低音にも強く、音質はまさに「お、値段以上」

音だけ聴いていると、これが3000円台で買えるとは到底思えないです。

そりゃ当然5万円出せばもっと良い音で聴けますけど、1万円以下でこの音質は本当に数少ないです。

音が良いと音楽を聴くのが楽しくなる。

音楽を聴くのが楽しくなると生活が楽しくなる。

生活が楽しくなると、心が前向きに動く。

心が前向きに動くと幸せがやってくる。

それが3,000円なら買わない理由はない。今、もし僕が購入を迷っているようなら、僕は僕自身にこう言い聞かせると思います。買って後悔することはまずないです。し、むしろ満足しかないです。

Amazon公式 »【「VGP 2021」入賞】 SOUNDPEATS TrueCapsule2 ワイヤレスイヤホン ¥3,703

TRUECAPSULE2の操作性について【装着検出機能が素晴らしい】

左:Liberty Air2
右:TRUECAPSULE2

TRUECAPSULE2には「自動装着検出機能」がついています。

これってなんなのかと言いますと、イヤホンを耳から外すと勝手に音楽が止まってくれる機能です。で、耳につけるとまた音楽が勝手に始まる。

片耳で聴けないの?

という質問もあるかと思いますが、もちろん片耳モードもございます。

これ便利なんですよ。

例えば寝るときにイヤホンをつけっぱなしにしてると寝返り打った時に奥に入りすぎて痛いという時とかないですか?

  • で、結局痛いから外す。
  • でも音はずっと流れてるからうるさい。
  • スマホを触る。
  • ブルーライト浴びる。
  • 目が覚める。

TRUECAPSULE2を使えばこんなことはなくなります。

耳から外せば勝手に音楽が止まりますから。なんならスマホを枕元に置く必要もありません。

僕は最近、寝るときはスマホは寝室に持って行ってません。

TRUECAPSULE2の操作方法を解説します

「S」という部分を触っていると自動で以下の操作を出来ます。

L(左耳)

  • 通話切り替え:2秒長押し
  • 曲戻し:1.5秒長押し
  • 着信拒否:1.5秒長押し
  • 音声アシスタント:3秒長押し
  • 再生:2回タップ
  • 着信受話:2回タップ
  • 通話終了:2回タップ
  • 音量ダウン:1回タップ

R(右耳)

  • 通話切り替え:2秒長押し
  • 曲送り:1.5秒長押し
  • 着信拒否:1.5秒長押し
  • 音声アシスタント:3秒長押し
  • 再生:2回タップ
  • 着信受話:2回タップ
  • 通話終了:2回タップ
  • 音量アップ:1回タップ

と、まあ覚えるの面倒くさそうと思うかもしれませんが、ぶっちゃけ15分も着けてれば慣れます。タップか長押しかの違いですから。

総評:TRUECAPSULE2は星4つ【-1は充電ケースの安っぽさ】

機能や操作性、音質は確実にLiberty Air2よりも上です。それも圧倒的に。

ただ充電ケースの安っぽさが−1点です。

なんかね、この商品の唯一の残念なところなんですよ。充電ケースがすごく安っぽい。手にもった感じも軽くて、チープやなああと感じます。

まあ本体にはなんら影響がないことなので、どうでもいいんですけど。

アップデートするならもっと充電ケースに「重厚感」を加えて欲しいです。物質的に重くするという意味ではなく、少なくともの「ブランド感」を身に纏って欲しいなと思います。

TRUECAPSULE2の付属品を一挙に紹介

  • イヤーピース S/M/L
  • Cタイプのコード
  • 1年間のメーカー保証

以上、3,703円で買えるワイヤレスイヤホンとは思えないクオリティです。

5,000~10,000円以下で高音質のワイヤレスイヤホンをお求めの際はぜひ買ってみてください。

Amazon公式 »【「VGP 2021」入賞】 SOUNDPEATS TrueCapsule2 ワイヤレスイヤホン ¥3,703