アドセンス審査に通らない時に見直したい点【落ちる理由は記事数と質】

BLOG
アドセンスの審査に落ちた・・・

原因はGoogleさんは教えてくれないし、どうすればいいんだろう?

こんな人に読んでほしい
  • アドセンスに合格したい
  • アドセンスの代わりを知りたい
  • アフィリエイトとの併用は可能なのか?
  • 支払日なども知りたい・・・

今回はこのようなお悩みを解決していきます。

また、もしまだアフィリエイトサイトを作成していない場合は90秒でオリジナルサイトを作れるレンタルサーバーmixhostを利用してドメインを無料でGETするのがおすすめです。»【申し込みはこちら】月額880円のレンタルサーバーmixhost


僕は開設1ヶ月で1発合格です。


2018年の6月14日に始めて記事を投稿してから、アドセンスの審査に合格するまでに要した時間は約1ヶ月程度で、記事数は約30記事です。

現時点で上記を満たしていない場合、まずはこれをクリアしてから再審査の依頼をしてみてください。

  1. ブログ開設から1ヶ月経過
  2. 記事数:おおよそ30記事

そもそもアドセンスとアフィリエイトの違いとは?

この部分についてはもう知っているという方は飛ばしてもらって大丈夫です。

具体的な違いは以下のような感じです。

アドセンス

  • クリック課金型
  • 広告の選択は不要
  • PVが収益の鍵
  • セールスライティングは不要

アフィリエイト

  • 成果報酬型がメイン
  • 広告は自分で選ぶ
  • PVより根強いファン/専門性
  • セールスライティングが必要

ざっくりと違いを紹介するとこのようになります。

一体自分にはどっちが向いているのか?というお話になると以下のようになります。

アドセンスの方が向いている(稼ぎやすい)人の特徴


  1. とにかく「好き」を発信したい
  2. 毎日とにかく書きたい
  3. 書くのが大好き
  4. 副業で月2~3万円を稼げればOK
  5. ブログはライティングテクニックより情熱だ!

こんな感じの人は、アフィリエイトよりアドセンスで稼ぐ方が向いていると思います。

とはいえ、アフィリエイトとアドセンスの併用は可能なのでどちらも試してみるのが吉です。

ただビジネス的に収益をどんどん増やすことより、とにかく「好き」をコンテンツ化したい方にとってアドセンスはかなりありがたいサービスですよね。

好きを発信して、共感者が多ければ多いほど収益が増えるわけです。


アドセンス収益の例:40~50万PV = 月10万円程度


アドセンスの場合、月40~50万PVほどでおおよそ10万円/月だと言われています。

ちなみに、表示される広告の種類、単価によっても収益に幅はありますが、上記は妥当な数字だと思われます。なので、もしアドセンスだけで毎月2~3万円稼ぎたいという場合、5~8万PVくらいが必要です。

*1PV = 0.25~0.5円くらいで計算しています。

アドセンスの1PVあたりの収益はカテゴリに依存する話

具体的にアドセンスの1PVあたりの収益が高いのは、不動産や脱毛など、なるべくIT系とは遠いカテゴリになるほど単価は上がりやすいです。これはあくまで傾向の話ですが。

理由としては、ITカテゴリに生息している人はアドセンスをクリックしないからですね。

じゃあ、アドセンスでもやっぱりある程度特化させていくべきなの・・・?

この辺は難しいところだと思います。

そもそも、月2~3万円を目標にしている場合、アドセンスだけでも十分に達成できる金額です。

なので、やはり「好きのコンテンツ化」に注力してファンを増やすことを最優先させるべきだと思います。

ただ、もっとお金を稼ぎたい!

と思った場合、1PVあたりの単価をあげるならやはりアフィリエイトも必要です。


アフィリエイトで同ジャンルの商品を探し、アドセンスと入れ替えてみる


例えば、ASP大手のA8.neであれば、大概のジャンルの商品があります。

なので、とりあえずA8にメディアを登録しておいた方がいいです。

ちなみにこちらは審査なしで登録可能なので、今もし既にブログがあるなら登録しておいてください。

※収益増を狙うなら必要です。

公式サイト»A8.net

例えばですが、収益増を狙うならいつもはアドセンスを貼っているところに、A8.netの広告を貼っておくなどしておけば、セールスライティングなどはしなくても運よく発生する可能性も十分にあります。

アフィリエイト広告の選び方はこちらを参考にしてみてください。»アフィリエイトの広告見直しに使えるEPCとは?【稼げる商材の選び方】

アドセンスの審査に通らない理由は「記事数とコンテンツの質」

さてここからが本題ですが、ちょっとその前に

コロナが原因でアドセンスの審査が通りにくくなっている

というケースが頻出しているようです。

実際に審査リクエストをしたところこのような返答が返ってきた方も多いそうです。

コロナウイルスの影響で現時点ではサイト運営者のサイトを審査することはできない

Google

参考》Actions to reduce the need for people to come into our offices

これについて上記記事(英語)でコロナウイルスの影響でサポート体制やオフィスに勤務する人数などが通常とは変わっているという旨が記されています。

が、単純に「改善を行う必要がある」と認識した方が無難です。

サポート体制が変わっていても、Googleアドセンスの審査が止まっているわけではありません。実際、上記記事ではそのような説明はありません。

なので、シンプルに改善の余地ありと判断し、サイトを見直していきましょう。

その後、再審査をリクエストしてみませんか?

見直すべきポイント01・記事数


経験則でしかないですが、僕が合格した時のブログの記事数は約30記事程度でした。

文字数は各記事で1,000以上は最低でもあったと思います。

まずこの辺を見直してみましょう。

記事数とインデックスされている記事数
  1. 30記事以上投稿しているか?
  2. 投稿した記事は全部インデックスされているか?
  3. 文字数が極端に少ない記事はないか?
  4. 30記事内でコンテンツが同質化していないか?

インデックスされているかの確認


Googleの検索バーに「site:https:/あなたのドメイン/」を検索して、検索結果を見てみてください。書いた記事のタイトルが全部、検索に表示されていればインデックスされているということです。

ただ投稿して24時間未満だと表示されない可能性は高いです。

その場合、Search Consoleからインデックスのリクエストをしましょう。

インデックスされていない場合、「URLはGoogleに登録されていません」と表示されます。

なので、赤枠で囲ってある「インデックス登録をリクエスト」をクリックしてください。

これで少なくとも30記事がインデックスされている状態にします。

これがまず見直すべきポイント1つ目です。

見直すべきポイント02・コンテンツの質


次にコンテンツの質についてです。

例えば真面目にドラマ「花より男子」の記事を書いた場合、以下の内容が含まれますよね。

  • キャスト
  • 話のあらすじ
  • ネタバレ
  • 感想
  • 見どころ
  • 次回予告や次回への期待など

ただ「面白かった」とかの内容だと、コンテンツの質が低く、審査には通らない可能性があります。

参考》【6/25】サザンオールスターズ特別ライブ2020【U-NEXTでライブ配信決定】

例えばこれくらいの記事は、好きなら書けると思います。

必然的に文字数も2,000や3,000はいくのではないでしょうか?

なのでこの辺も見直してみてください。

ついでにこちらの記事でSEOライティングについてもちょっと知っておいた方が後々お得です。»初心者でも出来るSEOを意識したブログの書き方【真似しておk】

最後に、アドセンスの支払日はいつなのか?

毎月21日に振り込まれているっぽいです。

僕はアフィリエイトをメインでやっているのであまり確認はしていませんが、そのようです。

ちなみに、振り込みは最低8,000円からです。

¥317ではなく、上の桁は隠してあります。ちなみに5桁です。(しょぼい)

ということで、腐らずに書いて書いて書いて死にましょう!

人気記事 »中学生でも出来るアフィリエイトの始め方【専門用語なしで徹底解説】

人気記事 »アフィリエイトで稼いでる有名人18名のWordPressテーマまとめ