初心者でも使いやすいレンタルサーバーは?【実際に使った4社の比較】

BLOG
レンタルサーバー って結局どれが一番いいんだろう?

安かろう悪かろう?でも高くても続くか分からないしな・・・・

こんな人に読んでほしい
  • これからブログを始める
  • ウェブサイトを自作する
  • サーバーを使うのは初めて
  • 料金と使いやすいさが気になる

今回はこのようなお悩みを解決していきます。

個人的にエックスサーバー is best

こちら »ブログ・ウェブサイトの作り方パーフェクトガイド【1から全て】でもご紹介していますが、個人的にはエックスサーバーが一番使いやすくて、初心者の方におすすめです。

大手4社のサーバーを使ってきましたが、3社は解約し、エックスサーバーだけを継続契約している状況です。

エックスサーバーでは2020年7月2日まで、ドメイン1つ無料プレゼントキャンペーンを実施しています。この機会にお得にサーバー&ドメイン契約してみてください。

公式サイト »エックスサーバー


レンタルサーバー大手4社の料金・使いやすさ・容量を比較

ちなみに僕が使っていたサーバー4社は以下です。


ほかにロリポップやFUTOKAなどのサーバーもありますが、ロリポップならヘテムル、FUTOKAならmixhostという感覚なのでその2社は使っていません。

それでは、それぞれの要素を比較していきます。

4社の料金比較

月額料金初期費用プラン契約期間
エックスサーバー 10003000x1012ヶ月
mixhost9800スタンダード12ヶ月
さくら5241048スタンダード12ヶ月
ヘテムル900円2,000円ベーシック12ヶ月

この中で料金に対する使いやすさを考慮して順位をつけるなら、表の並び順のままです。

ただ、ぶっちゃけmixhostは安いわりに使い勝手もよくSSL化もかなり簡単に出来るので初心者には使いやすいレンタルサーバーと言えると思います。

あと、この中で唯一アダルトサイト運営OKなのもmixhostです。

ちなみに、SSL化とは

SSL化とは簡単にいうと、サイトの頭を「http」から「https」にする変更することです。

これの何が良いのか?

セキュリティが向上されます。

httpの場合

誤解を恐れずにめっちゃ簡単にいうと、インターネット上で行われる通信内容が暗号化されていない状態です。
なので最悪の場合、ハッカーなどに情報を盗み見される危険があります。

httpsの場合

インターネット上で行われる通信内容が暗号化されている状態です。なので、ハッカーなども基本的には通信内容を見ることが出来ないようにされています。


通信内容の具体例

  • クレジットカード情報
  • メールアドレスなどの個人情報
  • メッセージのやりとり
  • プロバイダー情報 などなど

なのでこのSSL化が簡単で、かつ無料で行えるサーバーの方が断然いいです。

ヘテムルの場合、このSSL化が結構面倒臭かったと記憶しています。

僕がいじっていたのは2019年の夏から冬にかけてですが。改善されていればいいなと思います。

4社の容量比較


SSDSSL化ドメイン数プラン
エックスサーバー200GB無料無制限x10
mixhost250GB無料無制限スタンダード
さくら100GB無料100個スタンダード
ヘテムル200GB無料無制限ベーシック

こう見ると、桜のSSD容量が少ないように見えるかもしれませんが、実際12ヶ月で100GBも使い倒せる個人ブロガーなんて存在していないと思いますw

ただ気になるのはドメイン数ですね。

僕は実際、エックスサーバーでも20以上のドメインを登録していまして、サブドメインなども含めると相当のドメインを管理しています。

もしかすると、100では危ないかもしれないです。

12ヶ月は持ってもそれ以降は不安ですね。ということで、実際さくらからエックスに全面移行しました。


容量に関しては、mixhostがちょっと多いくらいでここはそんなに大差なしです。

4社の使いやすさ比較


使いやすさ(100点満点中)
エックスサーバー 100点
mixhost99点
さくら50点
ヘテムル42点

体感値ではありますが、実際こんな感じです。

本当にエックスとmixhostの差は微々たる部分なのですが、コントロールパネルというワードプレスなどをいじる画面が別ページに変遷するんですよね。mixhostの場合。

それが一瞬、面倒くさっと思ったくらいです。

ちなみに、mixhostのコントロールパネルは「Cpanel」と言われているものです。

世界的に見るとエックスより人気

エックスサーバーは独自のコントロールパネルを使用していますが、mixhostが使用しているCpanelは世界標準のコントロールパネルです。

世界の数百万サイトで利用されている実績もありますので、使いやすさや安全面は確かです。

結論

エックスサーバーとmixhostは本当に好みによると思います。
あとはアダルトサイトを運営するなら絶対mixhostがいいです。ちなみに、どちらも無料お試し期間があるので両方試してみるのもありかもしれません。

シンプルに年間費用でみた場合、

年間費用
エックス16,500円
mixhost11,760円

※エックスサーバーの場合、ドメイン1つが無料になるキャンペーン実施中。ドメインの年間管理費は1,000円程度。

サーバーとページ速度の関係について *重要

今後、ブログやウェブサイトを運用していく中で避けられないのが「SEO」です。

もう少し知っている方もいるかもしれませんが、かなりざっくりいうと、検索エンジンやユーザーにとって使い勝手の良いサイトが検索上位にくるというお話です。


SEOを評価するGoogleは公式で、ページの表示速度はSEOに影響すると発表しています。

ページの表示速度は以下の方法で早めることが可能です。

  1. サーバースペック(性能)を高める
  2. JavaScriptを減らす
  3. 画像ファイルサイズを小さくする
  4. HTTP/2に対応する

この中でも初心者(Webに関する知識が豊富ではない方)でも対応出来るのがサーバーのスペックを高めることです。

具体的には

  • 回線速度
  • CPUとコア数
  • HDDかSSDか
  • メモリ数

このあたりが重要項目です。

レンタルサーバーの回線・CPU・メモリ数一覧表


CPUメモリ回線速度
エックス20コア192GB不明
mixhost仮想3コア4GB10Gbps
さくら3.5コア8GB不明
ヘテムル20コア128GB1Gbps

こんな感じです。

と言っても

は?

という感じですよね。

結論言います。

エックスサーバーとmixhostならどっちでも大丈夫です。

結局、何度どの指標を見比べても、エックスとmixhostならどちらを選んでも後悔なく使うことは出来ると思いますし、僕もどちらも使っていましたが、どっちも超使いやすいです。

なので、

年間費用が安い方がよければmixhostを。

公式サイト »mixhost

僕のサイトをみてブログを作る方はエックスサーバーを。

公式サイト »エックスサーバー

という感じでお選びください。

以上、終わりです。

人気記事 »ブログ・ウェブサイトの作り方パーフェクトガイド【1から全て】

人気記事 »5,000円で定款完成!合同会社は自分で作れる【設立の手順紹介】