【すべて僕の実体験】損する見た目の特徴5選&具体的な改善策を提案

人間
見た目で損する・・・

僕ってもしかして、見た目で損してる人なのかな・・

今回はこのようなお悩みを抱えている方に解決方法をお話します。

まず僕も見た目でかなり損をしていたタイプの人間です。

見た目で損をする=ブサイクではありません。努力でなんとかなる部分を、だらしなくしているという意味です。あとブサイクでも努力してれば、見た目で損することはありません。

恋愛においては別ですが・・・

とりあえず結論として、以下5点が見た目で損する人の特徴です。

  1. 似合ってない髪型
  2. だらしない顔
  3. 猫背
  4. 無精髭&青髭
  5. 50点以下の服装
なんだ、そんなことかよ・・・

と思った方、あなたは本当に自分が上記5点をクリアしている自信がありますか?

もし少しでも不安があれば最後まで読んでいってくださいね。

損する見た目の特徴5選を詳しく解説

まずは上述した5点について、僕の経験を踏まえて気をつけた方がいい点。

あとは実際にどういう意味なのかという部分をお話します。詳しくとは言っても、そんなに長くならないのでぜひ読んでみてください。

それではいきます。

損する見た目01・似合ってない髪型

似合っていない髪型とは具体的にこんな感じのことです。

  • 1ヶ月以上放置
  • シャンプー後にドライヤーしない
  • 輪郭を完全無視
  • ヘアワックス未使用

1つでも当てはまったら、見た目で損している可能性がかなり高いです。

というのも以前の僕は上記をパーフェクトで満たしていました。ヘアカットは3ヶ月に1回程度だし、ドライヤーは持ってすらいないし、ヘアワックスなんてほぼしません。

朝起きたら水で濡らしてそのまま出社 or 外出です。

結構やばいですよね。

度合いが違っていても、当てはまっていたら僕と≒であなたもやばいです。

損する見た目02・だらしない顔

顔って生まれつきだろ・・・

って思うのは甘えです。

運動していない人の顔はだらしないです。特に首回りが本当に一目瞭然ですよ。

運動している人とそうでない人。

あるいは、生活リズムが不規則な人、規則正しい人。

この辺は本当に顔に出ます。

  • 目の下のだるんだるん
  • 首回りのブヨブヨ
  • 塩分取りすぎな顔色
  • 寝過ぎな目
煽りではなく、僕の実体験です。

損する見た目03・猫背

猫背は最悪ですね。

僕は小学生の頃から猫背をよく注意されていましたが、大人の猫背は以下のような印象を与えます。

  • 意志薄弱
  • 無能
  • マザコン
  • 自立できてない

これ、自分がそうだと気がつかないんです。

でも意図的に直すようにすると周囲の猫背の人が本当に気になりますよ。がちです。

損する見た目04・無精髭&青髭

髭が似合う人であればいいんですが、どうしても髭のせいで野暮ったく見える人もいますし、デザイン髭でもないただの無精髭・・・

結構最悪です。

女性のみならず、男性からも嫌われます。

ビジネスマンとしてはもう最悪です。

僕は体毛が濃いので結構深刻に悩んでいて、高校生の頃から定期的に脱毛サロンに通ってます。

この辺りは後述します。

損する見た目05・50点以下の服装

50点って基準はなんだよ・・・

誤解を恐れずにいえば、ユニクロとかGUの服は50点です。

誰が着ても「変だね」とは絶対に言われないですよね。

自分の体型や雰囲気に合わない服をきていると50点以下です。僕は服は年に1度買うか買わないかくらいですが、目指しているところは基本50点です。

ただ見た目で損してるかもおれ・・・

と思い始めてからは買う服も気を使うようになりました。後述します。

損する特徴5選の超絶具体的な改善策【2つだけ】

損する見た目の特徴を5つ挙げました。

ただ解決方法はたったの2つだけです。この2つさえできれば、上述した全てを解決できます。

  1. 筋トレ
  2. 髭脱毛

この2つで全て解決できます。

ジムに行くと

  1. 似合ってない髪型 ▶︎ 短髪にしたくなる
  2. だらしない顔 ▶︎ 引き締まる
  3. 猫背 ▶︎ 胸筋を見せたくなる
  4. 50点以下の服装 ▶︎ 筋肉が服の代わりになる
解決策がアホすぎてついていけないんだけど。

って、思うあなたは週に何時間筋トレしてますか?

脱毛をすると

  1. 無精髭&青髭 ▶︎ ハダ荒れ皆無&手入れ楽で肌ツヤツヤ
繰り返しになりますが、全て実体験です。もし自分が見た目で損していると思うなら少しは信じてみてください。

解決策01・ジムに行く or ホームトレーニング

割とまじで筋トレは、人生の99%の悩みを解決してくれます。

筋トレをすることによって

  • 自分が好きになる
  • 自信が湧いてくる
  • 脳がスッキリする
  • よく眠れるようになる
  • 朝起きられるようになる
  • 明るい気持ちになる

つまり、

  • 髪は短髪で男らしくキリッとしていたい
  • 顔は引き締まって顎ラインはシャープになる
  • 常に筋肉を意識するため猫背は無理
  • 無個性な服(50点)でも、筋肉によって70点くらいに見える

科学でも証明済み

筋トレすると仕事ができるようになる。一見すると飛躍しているようですが、科学的にも成り立っているのです。そのカギを握るのが「テストステロン」「アドレナリン」などのホルモン。

<中略>

テストステロンは、筋トレをすることでガンガン分泌されますが、ビジュアル的な「男らしさ」のほかにも、性格に影響を与えることがわかっています。ケンブリッジ大学が17人のトレーダーを対象に行った調査によると、テストステロン値が高い人は儲けが多いことがわかりました。

テストステロンと同じように、筋トレをすると分泌されるアドレナリン。別名は「生存本能ホルモン」。

このアドレナリンが分泌されると、脳内の酸素量が増え、注意力や集中力が向上します。血液中の酸素濃度が上がることで、筋肉での吸収率がよくなり、運動能力も向上します。つまり、心身ともにパフォーマンスが上がるのです。

科学的に証明! 筋トレすると「仕事ができる人」になれるワケ

おすすめのジム比較サイト»»ジム選びで損したくないあなたに【GYME】

解決策02・髭脱毛

これはもう単純に、

  • 髭剃りの時間短縮
  • 髭剃りによる肌荒れ防止
  • だらしない青髭はビジネスマンとして損
  • 女にもモテない

だから大人しく髭脱毛はした方がいいです。

僕も高校生の頃から、実はメンズ脱毛エステに通っています。体毛が元々濃いのでコンプレックスだったんですよね。

で、やっぱり髭もそうですが、体毛も少ない方が第一印象は良いです。

ビジネスの場で、青髭の男とスッキリした顔の人、どっちのが話していて気分がいいか。自分に置き換えればすぐ分かりますよね。

男ですがたくさん脱毛機器や除毛を試したました。結論、脱毛サロンに行くのがベストです。

人気のメンズ脱毛クリニック»»ダンディハウスの脱毛体験はこちら

この記事を読んでる自分の顔は?

僕もそうでしたが、自分の見た目が自分から見てもみにくいとどうしても自信もなくなります。

でも筋トレで自信をつけて、脱毛で邪魔を排除すれば本当に世界が明るくなります。

どうせ俺なんて・・・

もうこんなことを言うのはやめて、自分を愛する努力をしましょう。

見た目で損する男、卒業!

おすすめのジム比較サイト»»ジム選びで損したくないあなたに【GYME】


人気のメンズ脱毛クリニック»»ダンディハウスの脱毛体験はこちら