マナブに勝てるなら今からYouTube参入もあり【戦略の教科書】

YouTube
結論
ユーザーがほしいものを最短距離で届ける「人・企業」がいつの時代も勝つ
YouTubeに「喋る系」として参入したいんだけど、マコなり社長とかマナブが強いよなあ。

無理か・・・?

というわけで今回は、YouTubeで稼ぐために必要な戦略を考えていきたいと思います。かくいう僕はYouTubeで成功しているのか?

いいえ、全くしていません。

理由ははっきり分かっています。それは、僕が「ユーザーに届けるべきもの」が見つからなかったからです。

故に、シャープな戦略を描くことが出来ませんでした。

そういった点も含めて、「再現性」と「言語化」という部分を大切にしながらお話していきます。

わくみ
優秀なボイストレーナーが、売れてる歌手とは限らない。

つまり「考える人」と「動く人」は違うということだね。

マナブに勝てるなら今参入しても稼げる

もうYouTubeのジャンル、ポジションング合戦はしばらくこのまま落ち着いていくだろうと予測しています。

当然市場は拡大し続けますが、日本におけるYouTubeという「放送局」またその中の「コンテンツ」が一瞬にしてガラッと変わることはないはずです。

最後発のジャンルが「ビジネス系チャンネル」でした。

その中でも異彩を放っているのがマナブさんとマコなり社長かなと思います。お2人の動画は言ってしまえば、ただ喋っているだけです。

ただ喋っているだけなのに破竹の勢いで成長し、これまでメントスコーラや体を張って登録者数を伸ばしてきた「元祖YouTuber」を嘲笑うかのように勢力を拡大し続けています。

勝てますか?

僕、普通に考えて無理だと思います。


語れる経験値・失敗談が異次元の2人


お2人はある業界で頂点を極めている方々です。

マナブさんはブログ業界で、多分ブロガーで彼を知らない人はそもそもブログが何かを分かっていない人だと思いますし、Tech::Campは僕が大学生の頃からブイブイ言わせていたプログラミングスクールです。

僕も体験行きました。

【重要なポイント】

教育ビジネスやプログラミングについて語らせれば、マコなり社長よりパラノイア的に語れるYouTuberってまずいないですよね。

【重要なポイント】

ブログやアフィリエイトについて語らせれば、マナブさんよりパラノイア的に語れるYouTuberっていないですよね。

【最重要ポイント】

その2人が、それ以外のことを喋って数字を稼いでいるんです。

マコなり社長は明日から役に立つライフハック的なことを。

マナブさんは自分が生きたいように生きるためのTipsを。

つまり、お2人は自分たちの専門領域を軸に、さらに広い層・市場からユーザーを抱き込んでいっているということです。ここで彼らが語る経験談や失敗談などが普遍的であることから、ブロガーでもない、エンジニアでもない、起業家でもない人までファン化してしまうのです。

勝てますか?この異次元のコンセプトメイキング力と、シャープなターゲティング、ポジショニングの巧みさ。


控えめに言って、無理くない?

今からYouTubeを始めるなら100%マーケットイン

仮にマナブさんやマコなり社長に勝てないとして、あるいは、彼らとは闘う市場が違っているとして、今から参入する場合、「100%マーケットイン」でなければ死にます。

つまり、自分を出そうとしても絶対に勝てません。

あなたのキャラを求めてる人はいないということです。


喋る系の場合ですよ。

ユーザーが欲する情報を最短距離で届られる人が勝ち残ります。勝ち残ってから、キャラ付けとか、言いたいことを言えばいいんだと思います。

つまり、もうマーケティングセンスない人はYouTube入っても勝てないし、多分、YouTubeで稼ぐ方法という情報商材を掴まされて終わりです。


では最後に、これから喋る系YouTubeに参入するとして絶対必要なポイントをまとめて終わりたいと思います。

01・ハウツー系が狙い目

比較的シャープな戦略が描きやすく、人の数だけノウハウはあっても不思議ではありません。ハウツーマーケットで勝つには、ユーザーが求める情報を最短距離で届けることです。

僕が最も注目しているハウツーはエロ系なんですよね。

誰かプロデュースしたいのですが、見つかりません。

02・YouTube以外からの評価

例えば、SEOではサイテーションが重要視されています。

サイテーションとは、被リンクを除く評判やmentionの数です。なので、YouTubeのみならず各SNSで自分のチャンネルを話題にしてもらえるように努力しましょう。

多分ですが、YouTubeのSEOもGoogleに近くはずです。(ただの予想)

03・ブランディング(統一感)

例えばですが、金髪で顔タトゥー、撮影場所は猫カフェ、話す内容は民法ってもうちょっと情報量が多すぎてコンテンツどころではないですよね。

基本、ワンメッセージ・ワンアウトカムです。

1つのメッセージに対して、1つの結果。

これを目指しましょう。

以上。

僕はYouTubeよりブログ推し

同じ内容のことを話すとして、

  • 巨乳の可愛い女の子
  • 青髭が目立つフツメン

どっちの動画見ます?

そういうことです。

青髭が目立つフツメンであっても、巨乳の可愛い女の子より視覚的・商品的価値が高い情報を提供できるならYouTubeでもいいと思いますが、無理ですよね。

なのでブログの方が稼げます、僕レベルの人だと。

SEOでガチれば、可愛い女の子でも潰せるので。

ブログ始める際はこちらを参考に。

【知らなきゃ損】初めてドメインを取る時の注意点【お名前.com】

初心者ブロガーが知っておくべきエックスサーバーの基本機能と使い方