ミスチルの2大失恋ソングCANDYと渇いたKiss【胸が痛む名曲】

Mr.Children

人気記事 »もしもミスチル桜井和寿があなたの友達だったら【無料サービス開始】


失恋した・・・もういっそ号泣できる名曲を教えてほしい。胸が締め付けられて嗚咽するような、エモい曲を教えてほしい。

ということで、今回はMr.Childrenの2大失恋ソング「CANDY」と「渇いたKiss」をご紹介いたします。

どちらとも感傷に浸るには十分すぎるくらいの名曲です。

これ聴いて、泣いてくださいね。

Mr.Childrenの名曲CANDYはこんな曲

CANDYの歌詞

  • 歌:Mr.Children
  • 作詞:桜井和寿
  • 作曲:桜井和寿

「あきらめよ」と諭す回路に 君がそっと侵入してきて
何食わぬ顔で 夢をチラつかす
上手に包んで仕舞ったものが 「飛び出したい」と疼いてる
痛い記憶を最後に寝たふりしていたくせに

柄でもないけど 会えると嬉しいよ
悩んだ末に想いを飲み込む日々
ほろ苦いキャンディーが まだ胸のポケットにあった
気付かせたのは君

多くの事を求め過ぎて 出来るだけ側に居たくて
そんなことをしてる間に息が詰まる
大抵 人はこんな感じで大事なもんを失うんだろう
そして凝りもせず 君を欲しがってる

みっともないけど すべてが愛おしいよ
ふと夕暮れに孤独が爆発する
甘酸っぱいキャンディーが 僕の胸のポケットにあるんだ
君が食べておくれ

昨日の夜 いつもの偏頭痛が僕を襲って 飲み込むタブレット
やけに会いたくなって 声が聞きたくなって

みっともないけど すべてが愛おしいよ
ひとり夜更けに 孤独が爆発する
ほろ苦いキャンディーが まだ胸のポケットにあった
ただ ひとつだけ
甘酸っぱいキャンディーが まだ胸のポケットにあるんだ
君が食べておくれ

Mr.Childrenの名曲渇いたKissはこんな曲

渇いたKissの歌詞

  • 歌:Mr.Children
  • 作詞:KAZUTOSHI SAKURAI
  • 作曲:KAZUTOSHI SAKURAI

生温い食うがベッドに沈黙を連れてくる
もう うんざりしてるのは僕だって気付いてる
君が最後の答えを口にしてしまう前に
渇いたキスで塞いでしまう
それでなんとか今をしのげればいいのに

いつからか君は取り繕い 不覚にも僕は嘘を見破り
よくあるフォーマットの上 片一方の踵で乗り上げてしまうんだ
誰かが禁断の実摘み取り 再び次の果実が実る
揺るぎのない決心に凍りつく顔
力のない瞳が映すのは僕という過去なんだ

くたびれたスニーカーがベランダで雨に打たれてる
線香花火 はしゃいでた記憶と一緒に
日に焼けたショーツの痕を やたら気にしてたろう
あんなポーズが この胸を
今もかき乱しているとは知らずに
oh baby Don’t go

ある日君が眠りに就く時 僕の言葉を思い出せばいい
そして自分を責めて 途方に暮れて
切ない夢を見ればいい
とりあえず僕はいつも通り 駆け足で地下鉄に乗り込む
何もなかった顔で 何処吹く風
こんなにも自分を俯瞰で見れる
性格を少し呪うんだ

総ての想いを絶ち切ろうとする度
まとわりつくような胸の痛み
Oh Baby Don’t go

ある日君が眠りに就く時 誰かの腕に抱かれてる時
生乾きだった胸の瘡蓋がはがれ
桃色のケロイドに変わればいい
時々疼きながら
平気な顔をしながら

異なる2つの名曲を比較考察

わくみ
ちなみに、すみません。

2017年頃に僕がアメブロに書いた「渇いたKiss」が発見されたので一番下にリンク貼っておきます。よかったらぜひ。。

まずは異なる2曲を比較考察してみたいと思います。

とは言っても、比較芸術学科のような論文を書くわけではなく、シンプルに僕が考える個人的な感想による比較です。

異論は100%認めますし、コメントいただけると嬉しいです。

あと、Twitterでもシェアしてもらえると嬉しいです。(@misanwakui)

ではみていきましょう。以下3点を比較考察します。

  • 曲の背景
  • 描写
  • 心の動き

01・曲の背景を比較考察

まずCANDYは、確実に別れたあとの話だと思います。別れてしばらく時間が経って、本人も忘れたつもりでいた。

大抵 人はこんな感じで大事なもんを失うんだろう
そして凝りもせず 君を欲しがってる

CANDY/Mr.Children

失うことの辛さを知っていながら、自分が彼女を失った理由を知っていながらまた彼女を欲しがっている、馬鹿だな自分。という感じでしょうか。

例えば口に含むとなんとも言えぬ「苦さと甘さを感じるキャンディーのような君への想い」がまだ胸にあるんだけど、どう処分すればいいのか分からないから君がどうにかしてくれない?

つまり、もういい加減忘れさせてよという無理なお願いをしているという感じですね。


一方で、渇いたKissは男女の別れ際から、別れた直後のような曲に思えます。

ざっくり言ってしまえばマンネリ化、彼女が別の男性に恋をし、自分もそれに気付き終わってしまうカップル。

未練たらたらな男性による女性への恨み節、素直に悲しめない自分への恨み節。

でも、別れる以外にはどうにも出来なかったことを分かっていたんですよね、この主人公も。


03・2曲の歌詞の描写を比較考察


まずCANDYは、主に心情を描写しているなと感じました。

まあこれ比較芸術の論文ではなく僕のレビューなので、本当に異論はどんどん受け付けています。

登場人物は2人いますが、総て主語は「僕」で終わっているというか、僕の内なる感情を吐露しているだけの曲。

だけっていうのは、しょぼいという意味ではなく、

本当に夜中に、忘れていたはずの恋人を思い出して、胸が苦しくなって泣き出してしまいそうになった時に書いたような曲ですね。

僕は、失恋したの約2年前ですが、今でもこれを聴いて泣きます。


一方で、渇いたKissはストーリー性を感じさせる描写だなと感じました。

マンネリを感じているカップルの情景描写、所々出てくる主人公の心情、最後の頃に溢れ出る彼女への恨み節、自分への恨み節、でも現実は何がどうなっても変わらなかったんだよなというニヒリズム。

桜井さんからは割とニヒリズムを感じることが多いんですが、一方で365日のような愛でしかない曲を突然歌い出したりするので本当によく分からない人です。

まあつまり、天才なんでしょうね。


03・主人公2人の心の動きを比較考察


2人とも未練はたらたらだと思うんですよ。

でもCANDYの主人公って終始情けないというか、「食べておくれ」って相手ありきの曲なんですよね。

CANDYの場合、この「僕」は「君」にもう一度振られないと前には進めないような気がするんですよ。

だからこの「僕」には彼女が必要です。でも、交際ではなく、もう一度失恋する必要がある。はっきりと失恋する。やっぱりダメだったんだと極限まで自覚することが必要なのかな、と。

淡い期待のようなものがあるのかなあ、、、と思いますね。


一方で、渇いたKissは僕ももう分かっていたんですよ。この関係は長くは続かないだろうなということを。

だから、彼女に対する恨み節と同時に、こんな状況なのに俯瞰して自分を見ている自分、素直に悲しめない自分にも恨み節。

「僕」はいうても彼女のことが好きなんですよ。でも多分どうすることも出来ず、まあ唯一できるとすれば自分と別れるという選択をしたことをいつか後悔してほしいなという、メンヘラチックな希望へと変わります。

でもそれも本当かどうかといったところですね。

やはり「君」にだって「僕」と別れることへの「迷い」や「不安」、「苦しみ」があったんだろう?

って聞いている。

そんな風に心が動いていると感じました。

そのほかのミスチルの失恋ソング

今回、「CANDY」と「渇いたKiss」を2大失恋ソングとしましたが、そのほかにもたくさんの候補がありました。

ここではその候補をご紹介していきます。

  • Over
  • himawari
  • HANABI
  • しるし
  • くるみ
  • 幸せのカテゴリー
  • SINGLES
  • 花言葉
  • Forever

紹介の前に、

オスピー
ちょっと!ちょっとちょっと!

なんですけど、しるし、くるみ、HANABI、himawariは失恋とはちょっと違うかなという風に感じていて、スケールが「失恋」という枠にはおさまってないんじゃないかな、と。

なので今回は省きます。

Over – Mr.Children

今となれば
顔のわりに小さな胸や
少し鼻にかかるその声も
数え上げりゃ きりがないんだよ
愛してたのに
心変わりを責めても虚しくて

Over/Mr.Children

“風邪が伝染るといけないから
キスはしないでおこう”って言ってた
考えてみると あの頃から君の
態度は違ってた

Over/Mr.Children

いざとなれば
毎晩君が眠りにつく頃
あいも変わらず電話かけてやる
なんて まるでその気はないけど
わからなくなるよ
男らしさって一体
どんなことだろう?

Over/Mr.Children

Mr.Childrenの4枚目のアルバム「Atomic Heart」に収録されている初期の名作失恋ソングです。

Atomic Heart(アトミックハート)は国内男性アーティストの歴代最高の売上(343万枚)を記録しています。

Atomic Heart収録曲

  1. Printing
  2. Dance Dance Dance
  3. ラヴ・コネクション
  4. innocent world
  5. クラスメイト
  6. CROSS ROAD
  7. シェラシー
  8. Asia
  9. Rain
  10. 雨のち晴れ
  11. Round About~孤独の肖像~
  12. Over

クラスメイトも失恋かなと思ったんですが、浮気・不倫の方が世界観的には近いので今回は入れませんでした。

幸せのカテゴリー – Mr.Children

ミスチルの名曲幸せのカテゴリーの歌詞は寒い?【アルバム・ボレロ】

SINGLES – Mr.Children

ミスチル「SINGLES」は失恋の曲ではない【歌詞の意味を考察】

花言葉 – Mr.Children

種を撒き散らして
摘むことは出来ず
頭からつま先まで
後悔しどおし

花言葉/Mr.Children

Forever – Mr.Children

Forever
そんな甘いフレーズに少し酔ってたんだよ
もういいや もういいや
付け足しても 取り消すと言っても
もう受け付けないんなら

Forever/Mr.Children

きっと嘘なんてない だけど正直でもないんだろう

ともすれば ともすれば
人を自分をどうにだって変えていけんだよ
そういえば そういえば
「君の好きな僕」を演じるのは
もう演技じゃないから

Forever/Mr.Children
わくみ
んーーーー、天才。

アルバム「SENSE」収録曲

  1. I
  2. 擬態
  3. HOWL
  4. I’m talking about Lovin’
  5. 365日
  6. ロックンロールは生きている
  7. ロザリータ
  8. fanfare
  9. ハル
  10. Prelude
  11. Forever

ミスチルの良さが分からない世代にドロップキック【絶対泣ける名曲5選】

【ファン歓喜】ミスチルがYouTubeに20曲分のMVを公開【全曲紹介】

(↓)昔アメブロに書いた記事。2017年です。

https://ameblo.jp/minatowakui/entry-12328579671.html