【凡人のブログ】パニック障害になってやっと生きてる意味が分かった

人間

こんにちは、わくいみなと(@misanwakui)です。

もうパニック障害と診断されてから2ヶ月近く経ちまして、相変わらず薬は1日3回飲んでますが、体調はかなり良くなりました。

正直なことを言います。

パニック障害になる以前よりも体調に関しては良いです。

セロトニンを飲んでいるんですが、それが圧倒的に効いているのかもしれません。思えばセロトニンなんて無縁の生活を数年送っていたので。

ということで、今回はパニック障害になってやっと分かった「生きる意味」についてお話します。

僕の生きる意味は「人を愛するため」

またまた〜

キレイなこと言っちゃって〜

と、正直数ヶ月後、数年後に自分のブログを読み返して

「コイツキモッ」

と自分でも思いたくないので、あまり愛だの恋だのに関しては書きたくないんですが、これが本当なのだから仕方ないんです。

人を愛するため

とは言いましたが、別の言い方もできます。

「今を愛するため」

です。

まあ「今生きる人を愛するため」でも良いかもしれません。

とにかく、これが僕の生きる意味だということが分かりました。

未来も過去もない、あるのは今だけ

パニック障害になった原因には、未来への不安、過去への後悔が多分に関係していました。

そもそも「不安」というのは、未来に起こるのではないかという事象に対して抱く心理現象なので、不安は全て未来時制なんですって。

今回、自分がパニック障害になって初めて不安の正体を知りました。

さて、「今しかない」とはいろんな人が言っています。僕はそんなくさい言葉が本当に嫌いでした。でも、自分が病気をして、初めて分かることもあるものですね。

僕らは過去を掴めません。

僕らは未来を掴めません。

今しか掴めないんです。

唯物論っぽい?

一体何論に基づいた発想なのかは分からないんですが、本当にその通りだと思いませんか?僕らが後悔する過去も、不安を募らせている未来も掴むことが出来ない。見ることも出来ない。

頭の中にしか存在しない。はたまた、妄想?

世界五分前説的な、なんか気味の悪い話に行き着くのか。言い出しっぺの僕も良く分からないんです。

でも、過去と未来の存在を証明できる人っていますか?いませんよね。

だから今を愛する。今を愛するために生きている。今を愛するとは何か。目の前にいる、失いたくない人を愛することじゃないだろうか。

こういった回路です。

異論は随時承っています。

例えば未来が存在しなくても別れはある

例えば上述したように、「未来」が存在しなかったとします。

それでも「別れ」は存在しますよね。

絶対に別れがあると分かっているのに、また会いたくなる人。

余計に別れが辛くなるだけなのに、また会いたい人。

もっと会いたい人。別れたあともずっと会いたい人。

僕の他のブログを読んでください。僕普段こんな感じじゃないんです。もっとパリッとした記事書いてるんです。

こんなに西野カナより誰かにずっと「会いたいよ」って言ってるような人じゃないんですよ。

でも、そういうことなのかと思うんです。

つまり、「別れ」があることを分かっているのに出会ってしまって、出会ってしまったから世界が変わって、また会いたい。何度でも会いたい。そんな人を愛するために今僕は生きている。

そう考えたら、人生ってとてもシンプルなもので、わびもさびも一瞬にして要領を得てしまったような気がしました。

例えば、過去というのは妄想なのか?

でも傷跡があるじゃないか。

それはどう説明するんだ?

確かに。という感じです。ここからは少しロマンチックなのか、陰キャなのか、分からないんですが、プログラミングされていたとしたら面白いですよね。

僕の左膝には傷があるんです。

これ、子供の頃に鬼ごっこしたときに転んで出来た傷なんですけど、実はそうプログラミングされてるだけだったとしたら?って話です。

非科学的なのかもしれないですけど、科学は常に反証可能性を持っていますから、科学哲学にはなりますが、だから現代人はこの説を否定できないと僕は思っています。というか、思いたい。ロマンがある。

だから元カノも本当はいなくて、そういう風にプログラミングされているだけで、とか。これ本当証明できないから楽しいんですよね。

過去が存在することを物理的に証明できる人はいますか?

パニック障害を発症して、自分が凡人であることが発覚

僕は、全能でありたいと願っていたんです。

分かりません。本当は全能でありたいと願っていたのかも分からないんですが、とにかく僕は「何者」かになったつもりでいたんです。

でも、電車も乗れない自分を、家族がいなければ何も出来ない自分を、俯瞰してみたときに「ふっ」と正直、笑いがこみ上げてきました。

僕って凡人だったんだなあ、と。

生きやすい。でも諦めたのとは違う。

自分が凡人なんだって認めたら、とても生きやすくなりました。

「しょうがないジャン」

って言えるようになった。思えるようになった。

でも、これは諦めているのとは違うんです。

むしろ、僕は以前よりもエネルギッシュに、ポジティブになれた気がしています。理由は、僕には今しかないから。

僕には、「今」しか掴める世界が存在しないから。

だから諦めたんじゃない。今、やりたいことをやる。

そう考えるきっかけにもなった、今回のパニック障害発生事件でした。

コイツ、イタイポエマーかよと思われたら心外

さっきも言いましたが、僕は普段もっとパリッとしたブログを書いています。

なのでこの記事を読んだだけで

コイツ、イタイなあ。

とか思わないでください。

この記事をイタイと思っても、このブログをイタイと思わないでください!

以上。読了ありがとうございました。