【人間関係に疲れた】リセットして合理的かつドライに他人と付き合う方法

こんにちは、和久井大学学長の和久井港(@misanwakui)です。

今回は、人間関係に疲れた人が取るべき対処法を実体験を踏まえつつ綴っていこうと思います。

結論
人間関係が原因で人生がつまらなく感じるなら環境を変えてしまえばいい。それが無理なら、愛想笑いをやめると少しは楽になる。

結論としてはこのような感じですが、ここに至るまでの思考プロセスや私が特に「めんどくさい」と怒りを通り越してため息したくなる事例まで併せてご紹介します。同じ境遇にある人とは楽しくお酒が飲めそうです、、、ワラ

だるすぎる人間まとめ – ストレスの9割が人間関係

こういう人が自分の周りにいると疲れるよな、、、

という人の特徴をまとめてみます。この中に

「ああ、これアイツじゃん!」と特にあなたのストレスになっている人の特徴がございましたら、どうぞ読み進めてくださいませ。

人をランク付けする

まずはこれです。人を何かにつけてランク付けしたがる。常に自分が審判でいることで、自分が評価されることを防ごうとするタイプです。

基本的にこういった人は「友達」ではなく、「自分より下」と判断した人とつるみたがります。なぜなら彼らは自分を評価しないからです。しかし、小心者が多いので自分より職位、年齢、地位が上の人の前では大人しくなります。

典型的に同級生、同僚や後輩から嫌われるタイプの人間です。

このタイプの人間は、傾聴することが出来ません。つまり、人の話を聞くことが出来ません。特に、自分に向けられた注意やアドバイスなどには一切耳を傾けません。自分を否定されたと思うからです。

依存してくる

次にだるすぎるのが、依存してくる人です。

俗にいうメンヘラっぽい訳でもないのに依存してくる人が1番だるいかなと最近では思っています。メンヘラって一目で分かるじゃないですか。

メンヘラに依存されて痛い目に合った経験のある私だけですかね、いや、多分みなさん分かると思います。だからこそ面倒臭いのは、メンヘラっぽくないくせに依存してくる人なんです。

メンヘラであればこっちも見抜けるので、最初から間合いを持ちつつ関係構築をする訳ですが、このタイプはそれがし辛い。

ただ最近になって、見分け方に関する仮説を立てたので皆さんと共有します。

それは、常に誰かと一緒にいる人です。それはこの厄介なタイプな可能性が大です。

派閥を作りたがる

続いて、派閥を作りたがる人。これもだるすぎますね。

自分的には別にそんなつもりなく普通に喋っていただけなんですが、、、

という感じですよね。大学でよくあるのが、喫煙者の派閥意識ですね。

これは別に喫煙者同士仲良くタバコ吸おうぜ〜みたいなノリならまだ良いんですが、非喫煙者がいないことを利用して彼らの悪口を言い始めるとだるいです。

要するに、愚痴を言うことで共犯者意識を持たせ、仲間意識を高めようとする訳です。

マウントとってくる

マウントをとってくる人もだるすぎますね。

特に親の話とか、友人の話でマウント取ろうとしてくる人はうざいですね。

自分の親は云々でとか、自分の恋人は云々でとか。そういった話を聞くことは別にいいんですが、それを称賛して欲しい!みたいなテンションで共感を求たりしてくるのがだるいんですよね。

興味がないあなたの知人の話など、ジャカルタの明日の気温くらいどうでもいいんですよ。。。

すぐ言いふらかす

最後がこれです。すぐに言いふらかす。

これは特に意味が分からなすぎてだるいんですよ。例えば、昨日彼女の家に泊まったんだ。という話を私とAが2人きりでしたとしましょう。

これをAは、なぜかBにもCにも言う訳ですよ。

これって、何の意味があるんですかね。あと、Aにしか言いたくなかったことを共有しても、またBにもCにも言う訳ですよ。

これって、まじで意味が分からないんですよね。最終的にAの信頼は地に堕ちますね。

という訳で、みなさん何個ほど共感していただけましたか?

重要なことに気が付いた方はいますか?

実はこの「だるすぎる人間まとめ」って、たった1人の人間から抽出しただるい人間の特徴なんですよ。

ちょっと解説しますね。

人をランク付けする人は、人に依存する人ですし、人に依存する人は派閥を作りたがる人ですし、派閥を作りたがる人はマウント取りたがりですし、マウント取りたがりはすぐに言いふらす人です。

人間関係のだるさの正体
ここから分かることは、だるすぎる人間関係はたった1人もしくは限りなく1人に近い少数との人間関係から生じている可能性が高いということです。

人間関係で消耗した人が楽になる方法

ということで、人間関係ですっかり消耗してしまった人が楽になる方法を解説していきます。1番理想的な方法から、明日から出来る最短で楽になる方法まで、私の体験談なども踏まえつつご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてください。

最も理想的な方法:人間関係をリセットする

こちら、最も理想的な方法をまずは解説します。

最も理想的な方法は、だるい人間関係をリセットすることです。

リセットしたいなあ

もう二度と会いたくないなあ

と思っている人も多いのではないかと思います。実際、私も小学校くらいの頃から今までに幾度となく人間関係をリセットしたくて仕方ないと思ったことがあります。

ただリセットとは言うものの、どうやってリセットするのか。現実的かつ実現可能性の高い方法を模索しては萎えるを繰り返していました。そうした中で実際にやってみた方法を紹介します。

方法1.所属をやめる

最も素晴らしく効果があったのは所属をやめることです。

人は私を含め色々なコミュニティに所属しています。所属してなければストレスなどない訳ですが。ということで、だるすぎる人間関係を終わらせるためには所属するコミュニティから脱退すれば良いわけです。

学生なら学校をやめればいいし、社会人なら会社をやめればいい。地域のコミュニティが嫌なら引っ越せばいい。SNSがだるければアカウントを消せばいいんです。

ただやめるとなるとかなりの勇気を有すると思います。私も最初、中学を辞めようとした時にはかなり勇気がいりました。

中学!?

と思った方もいるかもしれませんが、私は中学生の頃に既に退学届を書いています。最終的にひよって親に渡してもらおうと思ったのですが、断念しました。

この時の計画としては、ギリギリ自転車で通える近隣の中学に転校することでしたが、これは未遂に終わりました。

その後、高校は退学しています。大学も中退です。終いには、日本からも脱出してしまいました。今は東南アジアで暮らしています。

やめなくてよかったこと・やめてよかったことというのは結果論でしかないと思っていて、自分が下した決断なら別にどっちにしても後悔することはないと思います。

まあ正直にいえば、高校をやめた時、同級生とか近所の人にかなり嘲笑されたりしました。しかし自分は高校が無駄でしかないと思っていたので辞めて、最終的にその高校の人たちでは絶対に入学できない偏差値の大学に入学しました。

大学を辞めた時もそうです。基本的に私は人に笑われるようなことをしていますが、数年経てば「ほら見ろ」状態です。私は特に異常な負けず嫌いなので笑われると結果を出すまで狂ったように物事をやり続けるタイプなのですが、もしそうではなくても、自分の耳に誰かの嘲笑が聞こえない所まで逃げてしまえばいいだけですから。

方法2.作り笑いをやめる

方法1は勇気が出ないと思った場合、方法2を試してみてください。

確かに人間関係には疲れたもののその場にいることにはデメリット以外にも幾分かのメリットがあるかもしれません。そんな時には「作り笑いをやめる」が効果的です。

基本的に特定少数によってあなたの人間関係におけるストレスは生み出されているという話は先ほどした通りですが、その人たちに対して、あなたは作り笑いをしていませんか?

これって実はめっちゃ疲れるんですよ。最近とある撮影をしていて気が付いたんですが、自分の作り笑い、というか苦笑いまじでハンパねえな!と。

で、これ作り笑いをやめるメリットって結構凄まじくて、今まで自分の周りにいただるい人が一気に消えていってくれるんですよ。もちろん、面白いことには笑うべきですが、それ以外では作り笑いをやめます。

これは簡単でかつ効果的ですよね。よくよく考えてみてください。ずっと作り笑いをしなければいけない人間関係って、クソですよ。別になくなっても大丈夫なやつです。

もし損失を被るなら、損して得取れです。それを損切りして、新しい関係を構築した方が身のためです。

次におすすめな方法:人間関係の合理化

次におすすめな楽になる方法として、人間関係の合理化を解説します。

基本的にはリセットに近しい方法ではありますが、より現実的かつ自分にとって利益があるのはおそらくこちらの方だと思います。

ただやり方によっては周囲から大変な反発を食らう可能性があるので注意と覚悟が必要かもしれません。それでは人間関係を合理化する方法をご紹介します。こちらも当然、私が試したことです。

方法1.自分より年収が高い人以外は遊ばない

これは結構よく言われる話ですが、自分の周りの5人の平均が自分である、と。年収にしても努力量にしても、まああらゆることでこれは使える指標だと考えいます。

で、会社経営を始めてから気が付いたことなんですが、会社経営者の周りの人ってほぼほぼ全員会社経営者なんですよね。周りの人というか、会社経営者が遊ぶ相手ってだいたい経営者なんですよ。

私は22歳で起業しているのですが、自分がよく会う経営者、相談する経営者って自分よりも経験もお金も豊富に持っているわけですよ。これはめっちゃ良い勉強になりますよ。例えばその人がいくら女性にだらしない人であっても、自分よりも稼いでいる点で、その人から盗めるものはあるわけですよ。※現金とかじゃなく、思考方法とかですからね。

で、これは一般的な社会でも言えることですが、年功序列の組織以外で自分より稼いでいる人って、自分にはない何かを持っている人なんですよ。だからこういう人の周りにいることは至極良い勉強・経験になります。

自分と同じ年収、自分より低い年収、正直時間さえ経てば自分でも稼げる年収の人からは得るものは何もないです。切って大丈夫です。

方法2.自分の言うことを聞かない人間はシャットアウト

次の方法がこれです。自分のいうことを聞かない人間との交流を遮断します。

これに関して最近ツイートしましたので引用します。

金にならない人付き合いは家族だけでいいと思っています。というのも、友達も恋人も全て勘違いだからです。

人は孤独になるのが嫌で、自分を勘違いさせるために他人を利用しています。同じ利用なら、金儲けのために他人を利用する方がよほど有意義です。

稼いだ金で孤独を楽しむことができます。

@misanwakui

友達は損得勘定ではないとか、夢のようなことを言う人がいますが、基本的に勘違いです。哲学書を人生で1冊も読んだことがない人は、「友達」という概念をとても大切にしています。

友達は存在するものではなく、概念です。山田太郎は友達ではなく、山田太郎です。なんでも自分が知り得た概念に何かしらを突っ込まないと不安になってしまう病気なんですよ。友達とか恋人とか、知り合いとかそういう区別が好きな人って。

ということで、もう自分の脳を勘違いさせるのはやめて、全て利害関係者だと認識することです。人は自分の利害以外では、人と交流しませんよ。

デメリットしかない人間はシャットアウトすれば大丈夫です。シャットアウトするときには、作り笑いをやめればOKです。

リセットして合理的かつドライに他人と付き合う方法

最後に本記事のタイトルであります、「人間関係をリセットして合理的かつドライに他人と付き合う方法」をご紹介します。

それは、今回紹介した方法を上から順番にやってみることです。

  • 人間関係をリセットする
    • リセット方法1.コミュニティから抜ける
    • リセット方法2.作り笑いをやめる
  • 人間関係の合理化をする
    • 自分より年収が高い人としか遊ばない
    • 自分のいうことを聞かない人を遮断

これを実践すれば、リセットしたのちに合理的かつドライに人と付き合うことができるようになります。

【好きを仕事に】稼げるのは一部で残りは食えない?稼ぐのに大切なコト

2019年7月16日

【仕事やめたい】ニートになれない人間、一生幸せになれない説

2019年4月16日

こちらの記事でも紹介していますが、好きなことで稼げば大丈夫です。

以上、読了ありがとうございました。また次回の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、和久井大学(通称:UMW)学長の和久井港です。UMWは、2019年に開設され、3学部3学科から構成される人文社会科学系の総合大学です。在籍する学生数からすればそれほど規模の大きな大学ではありませんが、文芸・経済・社会学の分野で優れた人材を輩出している格式高い大学です。これからも当校では、「剛毅木訥」「独立自尊」「臥薪嘗胆」の心を持つ人間を育む為に弛まぬ努力を続けて参ります。