【苦手派多数?】真面目な人はつまらない?でも結婚したい?

こんにちは、和久井大学学長の和久井港(@misanwakui)です。

今回は、「真面目な人・真面目さ」について綴っていこうと思います。真面目な人と聞いてまず真っ先に思い浮かぶ人はどんな人ですか?年齢やタイミングによって異なってくるのかな、と思います。

当記事では私が考える真面目について、主に書いていきます。みなさんが考える真面目との相違点などについてはコメントいただければと思います。

真面目とは?

(1)うそやいいかげんなところがなく、真剣であること。本気であること。また、そのさま。

(2)真心のあること。誠実であること。また、そのさま。

goo国語辞書

辞書によると、「真面目」とはこういう意味らしです。真面目と聞いて、丸メガネをかけた陰キャを想像した方、少し意味が違っていますよね。

私が考える真面目さもこの辞書とほとんど変わりません。本気で思考している人、誠実な人、だいたいこんな感じです。

この間、オフィスメイトに「愚弄する」って英語でなんて言うの?と聞いたところ、100%日本語と合致する表現はない。とのことでした。「からかう」とか「リスペクトが足りない」という表現はあるけどね、と。日本語というのは、とても複雑なものです。1つの言葉にいくつもの意味やニュアンスが複合されていて、発した人、受け取る人によって意味が変わってくることが多々あります。

この「真面目」についても同じことが言えると思います。私にしても、小学校のころに思っていた真面目と今考える真面目は180度違います。

真面目な人はつまらない

私に関していえば、小中学校の頃、真面目な人はつまらないと決めつける傾向がありました。「勉強している人、先生のいうことを聞く人、学則を守る人などは面白みに欠ける。」そんなことを思っていました。

しかし今は違います。最も変わった点として、「勉強しない人は面白くない。」というところです。

そのほか、先生の言うことを聞く人は面白みに欠けるといのは、今の自分の言葉で言えば、主体性を欠いたYESマンは面白くない。になるし、学則を守る人は面白みに欠けるというのは、常識に疑問を持たず新しいことに挑戦しない人は面白くない。となります。

上記2つは本質的にはそんなに変わらないのかなと思いますが、「勉強している人」への見方は180度変わっていますよね。

つまり、小中学校の頃は勉強している人を真面目な人だと決めつける傾向にあったということなのですが、これが180度変わったのは、私がお笑い芸人養成所に通い始めてからでした。

私は16歳で高校を自主退学し、お笑い芸人になるべくワタナベエンターテイメントが主催する養成所に入所したのですが、そこで出会った、私が面白いなあと思った方々は全員高学歴でした。慶應義塾大学、早稲田大学、青山学院大学、法政大学、ICUの方もいたと思います。

私はその時悟ってしまったんですね。真に面白い人とは、知識が異常に豊富で、その知識をお笑いに応用する力がある人。つまり、頭が良い人こそが面白い人なんだ、と。

勉強している人=真面目な人=つまらない人という方程式が一気に崩れ落ちた瞬間でした。そんな訳で私はそそくさと養成所を退所して、これまでサボっていたツケを払うために狂ったように勉強し、今では会社経営をするに至ります。

あの頃から約6年が経ちました。23歳の私は、あのままの自分では死ぬまで辿り着けなかったであろうくらい遠くにまで来ました。という私の話はさておき、私が考える真面目の種類について話します。

真面目の種類は2つ

私は個人的に真面目の種類は2つあると考えています。具体的には、「独善的真面目」を掲げる人と「協調的真面目」を掲げる人です。

独善的とは、他人の利害や立場を考慮せずに自分だけが正しいと考えることです。

また、協調的とは、その逆です。他人の利害や立場を考慮して協力することです。

では、それぞれについて話していきます。

独善的真面目な人の特徴

独善的真面目の特徴は以下の通りです。以下4つの特徴を見ただけても「うわあ、こういうやついるよな!」と思った方は多いでしょう。

  • 自分の正しさを信じて疑わない
  • 小中学校時代に真面目扱いされてた
  • 思考力は皆無
  • 社会に出ると嫌われる

これらが独善的真面目の特徴です。

自分の正しさを信じて疑わない

独善的真面目な人は、傾聴力が皆無です。人の話に耳を傾ける気はあまりありません。もっと言えば、自分より地位や職位が低い人の話に耳を傾ける気がありません。上司や立場が上の人間の話には「YES,YES」と気味の悪い笑顔で迎合します。

ただ、その後その上司等の悪口を言います。リスペクトのかけらもありません。なぜなら自分が正しいと思うことが全てだからです。時には、特に会社経営をしていると自分の正しさを信じなければいけない時はあります。が、それでも人やデータの言うことは聞きます。その上で考慮するものです。つまり、傾聴はするものです。これが出来ません。独善的真面目な人は。

小中学校時代に真面目扱いされてた

小中学校時代に真面目扱いされていた人間で、自分よりも職位が高くなった人間を私は1人も知りません。もちろん、まだ23歳ですから、これからどんどん出てくるのだとは思いますが、少なくとも現時点で会社経営者になった人間は私以外には1人もいません。

もっと言うと、散々私をバカだなんだのと罵っていた真面目扱いされていた人間で、最終的に私よりも学歴が高かった人間は1人もいません。

なぜか。それはつまり、彼らは真面目だったのではなく、真面目とされていただけだったからです。なぜ真面目でもないのに真面目扱いされていたのか。それは、主体性がなく、その場限りその場限りで自分にとって一番リスクのない選択をしていたからです。

よくよく考えれば不条理である先生の言うことも彼らは何の疑問も持たずにYESと言います。彼らにとってのリスクとは、先生に怒られることだからです。

先生の言うことを聞く人、反抗しない人。これは、頭の悪い先生諸君からも真面目と評されます。

思考力は皆無

思考力はありません。少しリダンダントになってしまうかもしれませんが、それを避けつつ言うと、彼らは思考しません。それは、多分親の教育によるものだと思います。

「○○はダメ!」

「なんで?」

「ダメなものはダメ!」

といった具合に教育されたのだと思いますよ。つまり、幼少期から「WHY」を考えるきっかけが与えられなかったということです。子供にとっては不幸極まりないですね。下の記事でも書いていますが、子供は親に洗脳されて育つので、これに関しては親が悪いです。

【ネグレクトの解決策】育てることが辛いならいっそ静かに捨てればいい

2019年7月2日

社会に出ると嫌われる

嫌われます。上記3つの特徴だけでも嫌われる要素満載ですよね。世に言う「老害」のデフォルトみたいな特徴じゃないですか。

残念でなりません。しかし、独善的真面目は高校、大学以降ひたすら影を薄めて暮らしていくしかありません。

協調的真面目な人の特徴

続いて、協調的真面目な人の特徴は以下のような人かと考えています。

  • 人へのリスペクト
  • 傾聴力・受容力がある
  • 思考力あり
  • 社会に出ると好かれる

以上が、私が個人的に考える協調的真面目な人の特徴です。

人へのリスペクト

協調的真面目な人は誰と話すときも相手へのリスペクトが溢れ出ています。例えば、相手がどんなに意味不明なことを言ってもその意図を汲み取ろうとし、それでも無理だと、自分が理解できずに申し訳ないといった態度に出ます。

自分の意見がない訳ではありませんが、相手が考えていることも理解しようと努めます。

傾聴力・受容力がある

協調的真面目な人は、基本的にIQの高い人が多い印象です。ちなみに、どういったスタンス、見た目、言葉の使い方かは人によります。どんなに協調的真面目な性格であっても、言葉遣いがきつい人もいますし、多分金髪にピアスの人もいます。

人の話に耳を傾ける勇気があり、それを受け入れる勇気もあります。自分の意見を声高らかに叫ぶことも勇気がいりますが、人の意見をじっくり聞くことにも勇気が必要です。受け入れるといったらなおさらです。

思考力あり

「WHY」に対する恐れがありません。知らないことは知らないと言えるし、常に学ぶ態度ですから、思考することが好きな人が多いです。

思考停止してしまっている人は、自分の仮説を定説と思い込み、それ以上、自分の仮説が否定される可能性を捨てたいだけです。

よくコロコロ意見が変わる人がいますよね。人はよくそういった人々をバカにしたり、鬱陶しがったりしますが、違います。

彼らは自分の仮説などどうでもいいんです。常に、最良のものを作るために絶えず思考しています。だから自分の仮説などすぐに否定するし、新しいより優れた説を採用します。そういうことです。意見がコロコロ変わる人は確かに面倒臭いんですが、それだけ真面目に向き合っているということです。

社会に出ると好かれる

で、まあ最終的に社会に出て好かれるのはこういう人ですよね。もちろん、七三分けでスーツで、丸メガネで、硬い口調の協調的真面目な人もいますよ。

話してみないとわからないものです。木村拓哉主演のドラマ「HERO」とかって、みなさんが憧れるところじゃないですか。でも、別に見た目はゴリゴリのサラリーマンでもああいう特徴を持つ人もいますからね。

真面目な人に苦手意識をもつ人の心理

続いて、真面目な人に苦手意識をもつ人の心理について話してまいりたいと思います。実は、私も昔は苦手意識を抱いておりましたし、憎悪を抱いていました。でもそれは真面目な人にではなく、その特定の人物にだった訳ですね。子供というのはすぐに「一般化」したがります。

女はこう。男はこう。真面目な人はこう。こういった感じです。独自の枠組みに人間を当てはめて判別しないと頭の整理がつかないんですよね。抽象的な概念というものがなく、曖昧さを許容することができないんです。これは大人にもたくさんいますし、私もまだまだそういうところはあります。

ちょっと話は変わりますが、日本人が英文法を理解できないのってそういうことも原因の1つにありそうですね。私は専門ではないのですが、オフィスメイトが話していました。

ということで、真面目な人に苦手意識をもつ人の心理について話します。

冗談が通じないと決め込んでいる

「真面目」と人を一般化すれば、冗談が通じない公務員のような人をイメージする人もいるでしょう。じゃあ先ほど話した2種類の真面目に照らし合わせてみると、冗談が通じない真面目な人は独善的真面目な人ということになりますよね。

協調的真面目な人はどうでしょう。冗談も通じます。

あとなんですが、例えば、中卒の土木作業員が言う冗談と、有名大学を首席で卒業したベンチャー企業の経営者が言う冗談は全く違いますよね。

土木作業員の冗談がつまらないという訳でも、ベンチャー経営者の冗談がおもしろい訳でもなく、バックグラウンドによっておもしろいと感じるものってそれぞれですよね。だから一般化は弊害なんですよ。ベンチャー経営者にも、中卒で元土木作業員だった人がいるかもしれませんよね。それをベンチャー経営者は冗談が通じなくてつまんなそうだ。これはちょっと待ったー!という感じですね。

冗談が通じないのではなく、おもしろいの基準が違うだけです。

堅苦しくて疲れそう

堅苦しくて疲れそう。まあ、確かに疲れそうです。政治家の演説みたいな感じでずっとカフェとかでも話をされたらもう面倒臭くて仕方ないですよね。

でも基本的にそんなことはないでしょう。真面目を「一般化」しすぎなんですよね、基本的に。真面目とは、goo国語辞書にもありますが、学歴が高い人でも、職位が高い人でもなく、真面目に何かに向き合っている人のことですから、「真面目=固苦しそう」は「金髪の女性=風俗嬢」と同じです。

堅苦しいのではなく、使う言葉が少し難しくて、抽象的なだけです。抽象とはちなみに、曖昧という意味ではありません。

そもそも知的好奇心がない?

そもそもなんですが、真面目な人に苦手意識をもつ人というのは、好奇心がない人なんじゃないかと思います。真面目な人は知識が豊富です。で、かなりの確率でその知識を会話の中に応用させてくると思います。

つまり、知識をひけらかすのではなく、相手と共有したがりなんですよ。自分の知っていることであればそれが面白く感じられるし、知らないことならそれを知ることが出来ておもしろい、という人に考えたらいかがでしょうか。

美味しいレストランではなくて、最近研究しているグラスファイバーの話をおもしろおかしく共有したいんです。ただそれだけです。

愛していればこそ相手の話ってなんでも面白く感じられるものかもしれませんね。

でもなんやかんや言っても結婚したいのは真面目な人

女性がよく言う

「結婚するなら真面目な人がいい〜」

とは実際どんな意味が含蓄されているのか。少し考えてみます。

「真面目な人がいい〜。」

「真面目な人って、例えば、どんな感じ?」

「えー、浮気しなくて、仕事をしていて、安定した収入があるひとかな〜。」

結婚したい真面目な人とは

  • 浮気をしない人は真面目なのか
  • 仕事をしている人は真面目なのか
  • 安定した収入がある人は真面目なのか

以上について少し考えたいと思います。この辺、女性がすぐに感情的になる部分だとは思いますが、just thinkしてみたいと思います。

浮気をしない人は真面目なのか

浮気をしない人は真面目な人なのか。これは、まあ真面目な人と言えると思います。真面目な人は浮気をしないですよね、確かに。

でももう1つの説があります。真面目な人は、100%バレないように浮気をする仮説です。

誠実という観点から、もうバレないようにと考える時点で誠実ではないんですが、真面目であればあるほどバレないように浮気をするのではないかと考えています。

自分が知らない事実は、この世に存在しないのと等しいと私は考えています。例えば私が実は女だったとして、それを知らない時点で私は男だし、私が女であるという事実は、私にとっては存在しない事実ですよね。

真面目な人が浮気をしたら、100%バレずに墓場まで持っていく説。というか、浮気じゃなくて本気になる説もあります。

仕事をしている人は真面目なのか

これは非常に難しいですよね。というのも、大学を卒業したから、とか、他にしたいことがないから、という理由で仕事をしている人がほとんどだと思うんですが、それって真面目なんですか?

一方で、自分と同じことで悩み苦しんでいる人を救うためにブログを毎日更新します。これは真面目じゃないんですかね。

何をもって仕事と定義するかによりますよね。別に、仕事をしているのが真面目なら成人男性のほとんどが真面目という話になりますよ。

これはちょっと考える余地がありそうですよ、女性のみなさん。

安定した収入がある人は真面目なのか

学校に通えない子供達のためにカンボジアに学校を作るんだ!

地雷撤去をするんだ!

真面目じゃないですか?

とりあえずやりたいこともないし、働こう仕事はなんでもいいや、とりあえず給料もらえればいいや。

真面目ですか?

収入=真面目さ、これは考える余地がありそうですね。

つまり、結婚したいのは真面目な人ですってさ

あなたにとってどういう人かであるかではなく、世間で常識や一般と言われている生き方をしている人のことですよね。それを真面目な人と一般化するのは、どうなんですかね。ちょっと、無理がありませんか。

「結婚したいのは、社会的に一般的とされる生き方をしている人です」

これが正しくはありませんか?

まとめ

真面目な人はつまらない人なのでしょうか。多分、それは違います。少なくとも私は、真面目な人こそfunnyでありinterestingな人だと考えています。

以上、真面目に関する持論でした。読了ありがとうございました。また次回の記事で会いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、和久井大学(通称:UMW)学長の和久井港です。UMWは、2019年に開設され、3学部3学科から構成される人文社会科学系の総合大学です。在籍する学生数からすればそれほど規模の大きな大学ではありませんが、文芸・経済・社会学の分野で優れた人材を輩出している格式高い大学です。これからも当校では、「剛毅木訥」「独立自尊」「臥薪嘗胆」の心を持つ人間を育む為に弛まぬ努力を続けて参ります。